Reset Font to Default Medium Font Larger Font

 

2018年6月22日時点でのステータス更新:


2018年5月16日、裁判所は、ニュージーランド航空、チャイナ エアライン、エバー航空、およびフィリピン航空との和解案に対して予備承認を付与しました。これらの和解から和解金を得るためには、2018年12月31日までに有効な請求を提出する必要があります。

裁判所は以前にエアフランス、キャセイパシフィック航空、日本航空、マレーシア航空、カンタス航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ベトナム航空との和解に最終承認を付与しています。これら被告8社との和解に対する請求の提出期限は過ぎています。

和解についての最新情報を確認するために、今後もこのウェブサイトを定期的にご覧ください。このウェブサイトのよくある質問のページで詳細を確認していただくこともできます。


米国とアジア、オーストラリア、ニュージーランドまたは太平洋諸島間の
航空券を購入した場合、

集団訴訟の和解金を受け取ることができます。

 

2000年1月1日から2016年12月1日までのいずれかの時点で、26社の航空会社のうちの1社から米国からアジアまたはオセアニアへの飛行区間が少なくとも1つ含まれている航空券を購入した消費者は、和解金が受けられる可能性があります。


太平洋路線の航空券価格に関する集団訴訟においては、航空会社4社(ニュージーランド航空、チャイナ エアライン、エバー航空、およびフィリピン航空)との間で和解に達しています。それ以前にこれとは別に、航空会社8社(エアフランス、キャセイパシフィック航空、日本航空、マレーシア航空、カンタス航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ベトナム航空)との和解に達しています。訴訟は、残された被告航空会社である全日本空輸に対して継続中です。


 支払い要求のために、すぐに請求書を提出しましょう。

支払を受け取る権利についての詳細、または和解に対して異議を申し立てたり、集団から離脱する方法について知るには、長文版の通知をお読みください。

View the Privacy Policy